機器の紹介

マイクロ波治療器

 
マイクロ波とは電磁波の一種であり波長がきわめて短い電波です。

マイクロ波治療器が患部をを温める仕組みは、電子レンジで食品を温めるのに似ており、体内の水分子を振動させ、深部温熱効果をもたらします。他の治療器では届かない体の深層部まで届くので、筋肉や腱などの深層部の血行を促進し、体の内側から温めてからだをほぐします。
さらに痛みのもとである発痛物質の生成を抑え、周辺組織の回復を図ります。
筋肉や靱帯、腱、関節包に多量に含まれるコラーゲンを弛緩させ、関節の拘縮(関節が固まって動きが悪くなった状態)を改善させる目的としても使用します。