症例

変形性膝関節症

人間のカラダにおいて、どの部位も外せない大切なものばかりですが、
強いて『これを痛めるとちょっとキツい』箇所を挙げるとすれば…と答えます。

スポーツの世界では、膝を痛めた段階で勝利への確率がグッと落ちると言われています。
当院の患者さんにおいても、非常に沢山の方を悩ませる「膝」の痛み。
その多くは、加齢等による「変形性膝関節症」と診断されるものです。

そのプロセスは大まかに4つに分けられます。

①前期
症状の出始め。
膝関節の内側の軟骨がすり減り徐々に関節軟骨が劣化していく事で、膝の内側にチクチクした痛みが出てきます。

②初期
膝の関節軟骨の劣化や変形が進み、階段の上り下りが辛くなっていきます。
また正座をすると痛みが出るようになります。

③進行期
普通に歩くだけでも痛みが、ひどくなります。

④末期
膝の関節軟骨が完全に摩耗してなくなり、杖が必要となる場合が出てきます。

全ての治療において言える事ですが、段階が早ければ早いほど治癒の可能性が高まります。

①前期、②初期の症状が出た段階で(またはそれを感じる前に)、膝のケアを始めて下さい。
特に③進行期、④末期になると、治癒が難しくなり手術の選択肢も出てきます。
いずれにしてもどの段階においても大切なのは、膝周りの筋肉のケア、関節の可動域の拡大、そして膝まわりの筋力アップとなります。

少しでも長く自分の脚で歩くためにも、早めのケア、早めのトレーニングをおススメいたします。

仕事・学校帰りに治療が受けられます

調布市、神代団地にあるじんだい接骨院
よる7時まで受付。お気軽にご相談下さい。


 

お問い合わせはこちらから